インスタグラムのインフルエンサーマーケティングが大変な理由4つ

Pocket

problem-influencer-marketing-instagram

自分の責任で実施しようとすると、インスタグラムで行うインフルエンサーマーケティングはとても骨が折れる。プログラムを全体的な成功に導く側面は様々。全てを統括することは、多くの責務を持つソーシャルメディアマネージャーにとって簡単なことではない。こういった特徴もあり、インフルエンサーマーケティングは敬遠されがちだ。しかしインフルエンサーマーケティングに精通しているマーケターならどうだろう。キャンペーンの進行を阻む要因を完璧に理解し、キャンペーンが成功する道を見つけ出すことができる。そういったマーケターがキャンペーンを効率よく動かすために活用しているのが、インフルエンサーマーケティングをサポートする企業である。今回は、米インフルエンサーマーケティング会社SEENがブログにまとめた「インスタグラムで行うインフルエンサーマーケティングの課題」を紹介する。インスタグラムでインフルエンサーマーケティングを行おうと考えているマーケターは参考にして欲しい。


インフルエンサーを発掘するときの課題

インフルエンサーを起用したプログラムで最初に直面する課題は、インフルエンサーを見つけ出し、採用することの難しさ。たいていのマーケターはインスタグラムを検索してフォロワー数の多いインフルエンサーを探しがちだが、実際にこのプロセスで見つけたインフルエンサーが常に消費者と深いつながりを持つというわけではない。インフルエンサーを審査するときの基準は、フォロワー数よりもエンゲージメント率に重きを置く必要がある。インフルエンサーが企業の求めるペルソナに合致しているかどうかも、インフルエンサーを発掘する課題の1つ。インフルエンサーを発掘する過程が、単に彼らの連絡先を探し出すというつまらない作業になってしまう場合がある。そうなってしまうとキャンペーンを成功に導くのは、経験豊富なソーシャルメディアマーケターでさえ難しい。

この課題を突破して得られること

インフルエンサーを発掘する最初の一歩は難しいものになるが、適切なインフルエンサーを探し出すことはプロモーションの各段階で利益を生む。適切なインフルエンサーを起用することで得られる一番の恩恵は、ターゲット層に指定している消費者とのエンゲージメント率を上昇させること。さらに企業のプロモーションに適したインフルエンサーを見つけることで、企業のことをまだ熟知していない消費者の間で企業に対する認知度を向上させる良い機会になる。


インフルエンサーと働くときの課題

インフルエンサーの起用が完了し、いざ共にキャンペーンを進めるとなったとき、また課題が待っている。投稿スケジュールの作成やコンテンツ制作についてのガイドラインが必要だ。インフルエンサーの起用が完了し、いざ共にキャンペーンを進めるとなったとき、また課題が待っている。投稿スケジュールの作成やコンテンツ制作についてのガイドラインが必要だ。 投稿スケジュールを設定することで、キャンペーン期間中に企業の求めるターゲット層に向けた適切なコンテンツを作成し、正しく分配する役に立つ。

もう1つの課題がインフルエンサー用にガイドラインを作成すること。ガイドラインを作成することで、インフルエンサーが企業と同じ目線で消費者に伝えたいメッセージを正しく発信できるようになる。

この2つのステップを踏むことで、インフルエンサーが適切なコンテンツを適切なタイミングでシェアするように誘導できる。同時にクライアントとの関係を築いているときは、大きく効果を実感する。

この課題を突破して得られること

プログラムに参加するインフルエンサーが適切な人材の場合、投稿スケジュールとガイドラインの作成によって得られる効果をより高く実感するだろう。例えば企業に合ったインフルエンサーを起用すると、熱意をもって消費者にキャンペーンについて語ってくれる。こういった恩恵を受けるためにも、適切なインフルエンサーを選び、投稿スケジュールとガイドラインを作成することは必要不可欠だ。さらにキャンペーンを進行するときは、企業向けにインフルエンサーキャンペーン計画ガイドを作成しているとなお良い。計画ガイドを作成することでマーケターとキャンペーンチームは、効果的な投稿スケジュールの設定方法とガイドラインの作成方法を知ることができる。この一連の流れは、インフルエンサーの活動支援を簡単にするために必要だ


ROIを測定するときの課題

キャンペーン期間中とキャンペーンを終了するとき、ROIを測定することが企業にとって最も重要。ROIの測定は、キャンペーンを成功に導くために重要な意味を持つ。しかし効果測定ツールを使わずに自分だけの力で測定することは簡単なことではない。ROIの測定方法について、ある恐ろしい話をソーシャルメディアマネージャーから聞いたことがある。そのマーケターはブラウザ上でインスタグラムを複数タブで開いて、グーグルドキュメントでインフルエンサーの投稿を測定するという恐ろしいほど手間のかかる方法を試みたという。彼らがROIを測定するためにそれだけの労力を費やすしたということは、このステップがいかに重要かということを象徴している。しかしROIを測定するために、そこまでの労力と時間を費やす必要はない。ROIの効果測定ツールといったマーケターの負担を減らすことができる機能があるなら、積極的に活用しよう。

この課題を突破して得られること

ROIを測定するという必要不可欠なステップが、マーケターとキャンペーンチームにとって大きな利益をもたらす。キャンペーンを成功に導く要因が理解できるようになるのだ。手動でROIの測定は難しいので、効果測定ツールを使って自動でレポートを作成することがおすすめ。空いた時間で他の業務を行い、円滑にキャンペーンを進めることができる。


プログラム規模変更の課題

どんなにインフルエンサーマーケティングに精通したマーケターでも、他の課題と比べてみてもプログラムの規模を変更することが一番の課題となる。2~3人のインフルエンサーを起用し、キャンペーンを進めるだけでも骨が折れるのに、数十人のインフルエンサーを起用して同時に動くとなると大きな壁に直面する。 インスタグラムでインフルエンサーマーケティングを成功させようと考えると、各段階でキャンペーン成功のためのステップを踏まなければならない。トップに立って全てをまかなうのは、誰であっても難しい。

この課題を突破して得られること

インスタグラムは大きな影響力を持つソーシャルメディア。多くのインフルエンサーを起用してインスタグラムでキャンペーンが行えば大きな効果が期待できる。さらにキャンペーンが軌道に乗ったころに、キャンペーンの規模を拡大したらどうだろうか。キャンペーンから得られる効果は増大するだろう。しかし効果の増加を狙って、起用するインフルエンサーを増やそうとしたときに、運用の難しさに気づくのだ。統括が難しいようであれば、信頼できるインフルエンサーマーケティング会社に仕事の一部負担をお願いするのも戦略の1つ。インフルエンサーマーケティング会社を信頼して一部業務を任せることで、インフルエンサーマーケティングを効果的かつ円滑に進めることができる。


この記事で紹介した課題を気にして、インフルエンサーマーケティングを中止する必要はない。インフルエンサーマーケティングを正しく運用できれば、大きな成果をもたらしてくれるからだ。 キャンペーン開始前に今後直面することが予想される課題を見直し、適宜対応できるよう計画しておくことでインフルエンサーマーケティングを円滑に進めることができる。




参考:SEEN:The Challenges of Instagram Influencer Marketing http://blog.seenmoment.com/the-challenges-of-instagram-influencer-marketing


Pocket